トリニティーラインジェルクリームの効果を実感できている方もいれば、効果なしと感じる方もいらっしゃるようです。
効果なしになってしまうのはどんな人なのでしょうか?

トリニティーラインジェルクリームが効果なしになる原因は?

トリニティーラインジェルクリームを使っていても効果なしになってしまっては意味がありません。
効果なしでがっかりしないためにも自分に当てはまるものがないのをチェックしておきましょう。

○毎日のスキンケアをしていない

トリニティーラインジェルクリームでスキンケアをするうえで、一番大切なのは毎日使い続けることです。

1日2回、朝と夜の洗顔後に使うだけでOKなのですが、回数を減らしてしまうとお肌のバリア機能が低下し、乾燥して効果なしになってしまいます。
正しい使い方を守って効果なしにならないようにしたいですね。

○十分な量を使っていない

しっかり使用していてもうるおいが足りなかったり、ハリを感じられない場合には使用量が十分でない可能性があります。

トリニティージェルラインクリームの1回の使用量はパール粒2つ分です。
もったいないからと少量しか使わないと効果なしになってしまいますので、毎回たっぷり手にとって顔全体に優しくなじませるように使いましょう。

○頑固な乾燥肌である

保湿効果が高く、乾燥肌対策ができるといっても効果には個人差があるものです。
かなり乾燥しやすい肌質の場合はこれひとつでのケアでは物足りないかもしれません。

・お肌のうるおいが不足している
・保湿効果がすぐになくなってしまう
・もっとしっとり肌にしたい

このような方はトリニティーラインジェルクリームを重ね付けするか、他の保湿クリームを併用してみると良いでしょう。
また、週に1回はパックなどでスペシャルケアをするのも効果的です。

お肌の変化を実感するまでには時間がかかります!

スキンケアはお肌の状態を整えるための大切な工程です。
もともとの肌質によっては新しいスキンケアを始めても効果をなかなか感じられないことがありますし、年齢肌になればなるほど変化には時間がかかります。

トリニティーラインジェルクリームで年齢肌や乾燥肌を改善するには最低でも3ヶ月間、継続してケアすることをオススメします。

理由はターンオーバーのメカニズムにあります。

トラブルを抱えているお肌を改善するためには、まず古い角質が新しく生まれ変わらなくてはなりません。
ターンオーバーは年齢を重ねるほどに時間がかかり、若いお肌は1ヶ月でサイクルがやってきますが、40代以降では数ヶ月単位になってしまうのです。

毎日欠かさずにケアをしているうちに肌は変化していきますし、ターンオーバーによって理想のお肌へと近付きます。

『効果なしだから違うスキンケアに変えてしまおう』、『すぐに効果が実感できないなんて粗悪品?』と諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。

日々のスキンケアはあなたのお肌にちゃんと応えてくれますから、じっくり時間をかけて未来の美肌を手に入れてくださいね!

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら