トリニティーラインジェルクリームは48種類の美容成分を配合していますが、副作用の心配はないのでしょうか?

年齢を重ねたお肌はデリケートですし、乾燥肌やアレルギー肌でも使用できるのか心配な方もいるかと思います。
というわけでトリニティーラインジェルクリームの副作用について検証してみました。

お肌に優しい美容成分をたっぷり配合

トリニティーラインジェルクリームに配合されている美容成分は、いずれも化粧品などによく使われているものばかりです。
お肌に優しい使い心地を実現するために、強い副作用のある成分は使用されていません。

しかし、お肌の調子は日によって変わりますし、個人差もあります。
どんなスキンケアアイテムであっても絶対に副作用がないとは言い切れませんから、以下のような症状がみられたときには使用しないようにして下さい。

・かゆみ
・ただれ
・肌荒れ
・赤みや炎症

低刺激だから乾燥肌やアレルギー肌でも使用できる

トリニティーラインジェルクリームは年齢肌にお悩みの方が安心して使えるよう、副作用の可能性が低いのはもちろんですが、低刺激にこだわって作られています。

○無香料&無着色

配合成分に副作用がなくても、化粧品に含まれる香料や着色料によって肌トラブルが起きることがあります。
トリニティーラインジェルクリームはこうした添加物を使っていません。

○ノンアルコール(エタノール不使用)

使用感を良くすることを目的に使われているアルコール成分は揮発性があるため、お肌に負担がかかります。
お肌が強い方なら特に問題はありませんが、アレルギーや乾燥によって敏感になっているときにはヒリヒリした刺激を感じることもあるようです。

アルコール成分も使用していませんので、お肌への刺激は最小限に抑えられています。

○アレルギーテスト済

アトピーのようにアレルギーを持っている方はスキンケア選びを慎重にしなくてはなりません。
配合成分や添加物によっては症状が悪化し、治療が必要になってしまう可能性があるからです。

トリニティーラインジェルクリームはアレルギー肌や乾燥性敏感肌に対するテストが済んでいますから、心配しなくても大丈夫そうですね。

敏感肌のスキンケアで注意したいこと

普通のお肌なら問題がなくても、敏感肌ではわずかな刺激でも副作用のような症状が表れてしまうものです。
敏感肌の方がスキンケアをするうえで注意したいこととはなんなのでしょうか?

お肌が弱い方にとって避けたいのは『刺激』です。
たくさんのスキンケアアイテムを使うのが悪いとは言いませんが、化粧水や乳液など数回のステップを踏めば、それだけで摩擦刺激になります。

トリニティーラインジェルクリームは基本的なスキンケアをひとつでできるオールインワン仕様ですので、1回でお手入れを完了することができます。
少しでもお肌に刺激を与えないようにするという意味でも、優秀なスキンケアアイテムといえますね!

トリニティーラインジェルクリームは副作用の心配はほとんどありませんし、敏感肌の方でも安心して使うことができます。
お肌に負担をかけないようにスキンケアを続けて美肌を目指したいですね!

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら